D222 経皮的血液ガス分圧測定、血液ガス連続測定

  1. 1時間以内又は1時間につき 100点                
 

2. 5時間を超えた場合(1日につき)

600点

 
   

(1)経皮的血液ガス分圧測定は、以下のいずれかに該当する場合に算定する

ア.循環不全及び呼吸不全があり、酸素療法を行う必要のある新生児に対して測定を行った場合。その際には、測定するガス分圧の種類にかかわらず、所定点数により算定する。ただし、出生時体重が1,000g未満又は1,000g以上1,500g未満の新生児の場合は、それぞれ90日又は60日を限度として算定する。(継続)

イ.神経筋疾患又は慢性呼吸器疾患の患者に対し、NPPVの適応判定及び機器の調整を目的として経皮的に血中のPaCO2を測定した場合。その際には、1入院につき2日を限度として算定できる。

(2)血液ガス連続測定は、閉鎖循環式全身麻酔において分離肺換気を行う際に血中のPO2、PCO2及びpHの観血的連続測定を行った場合に算定できる。

D222-2 経皮的酸素ガス分圧測定(1日につき)100点

重症下肢血流障害が疑われる患者に対し、虚血肢の切断若しくは血行再建に係る治療方針の決定又は治療効果の判定のために経皮的に血中のPO2を測定した場合に、3月に1回に限り算定する。

上記算定要件を満たす機器はこちら

センテック デジタルモニターシステム

東機貿

ラジオメーター バーゼル社製 経皮PCO2/SPO2モニタリングシステム TOSCA 500 アイ・エム・アイ
ラジオメーター TCM経皮血液ガスモニタ CombiMTCM400 ラジオメーター